賢者の贈り妹 体験版感想

kenimo.png

久しぶりの投稿となります。最近では、ユニゾンシフト ブロッサムさんの時計仕掛けのレイライン三部作をクリアしました。伏線回収の仕方がとても上手く、綺麗に完結したな、と。ここまで鮮やかに完結した作品は僕の中では久しぶりでしたので、かなり満足しました。こちらはいつか感想をしっかりと書きたいかな、と思います。

さて、本題に入りますと、脳内彼女さんの新作、賢者の贈り妹の体験版が公開しましたので、プレイしてきました。僕自身、脳内彼女の作品は前作、な妹き!を含めこれが二作目のプレイとなります。
な妹き!をプレイ以前の脳内彼女さんに対するイメージというのは、ホモゲメーカーという印象が非常に強かったため、なかなか手が付けられない、といった状況でした。しかし、な妹き!をプレイしてからは、妹優位のソフトMゲーも作れるんだな、という印象になりました。
シナリオは短めですし、肝心のえっちシーンもそこまで抜けるか?と言われたら確かにその通りなのですが・・・。それでも、ミドルプライスという価格帯で個性の強い、お兄ちゃん大好きな可愛い妹達に好かれ、Mなシチュエーションも楽しめるとなると、これはとても魅力的なわけです。
さあ、賢者の贈り妹体験版の感想なのですが、前作同様、兄より妹優位のソフトMゲーって感じですね。ストーリーは簡単に説明すると、『お兄ちゃんの部屋に隠し持つエロ本やエロゲといったエログッズが妹たちに見つかり、軽蔑されてしまいます。これに対し、お兄ちゃんは大変ショックを受け、もっと妹たちに尊敬される立派で真面目なお兄ちゃんになろう・・・と決心し、エログッズを全て燃やします。しかし、これに対し妹たちはやりすぎてしまった、と罪悪感を覚え、何を勘違いしたのか、自分たちがお兄ちゃんの性処理をしてあげよう、とお兄ちゃんに迫り・・・さあお兄ちゃんよ、どうなる!』といった感じのお話です。
本作の妹、もといヒロイン達は、豪快な性格で武術の心得もある長女の安里仁葉(あさとひとは)、妹というより仲の良い友達に近い感覚であり、スタイルとルックスの良さからモデル業もやっている次女の杏莉(あんり)、昔は病弱であったが今はすっかり回復しているゴシック系の服を身に纏う腹黒な三女の沙羅(さら)、背伸びしたい年頃なのかお兄ちゃんに反抗期な末子の咲(さき)、と今作も個性溢れる妹たちが集まっています。

長女の仁葉は、お兄ちゃんの性処理を自ら率先して行った、いわば今回の騒動の元凶。いいぞ、もっとやれ
この子は安里家の大黒柱、みたいな存在ですかね。いつも和服を身に纏い、ポニーテールなその姿は大和撫子を彷彿とさせます。豪快すぎる故か、兄妹という壁をいとも容易く破壊し、兄に対し真っ向から自身の好意を伝えました。合気道をやっているからなのか、脱ぐとスタイルがいい。体験版ではパイズリが1シーン収録されています。

次に、次女の杏莉。安里家の良心的存在。また、モデルのバイトをしているので、海外にいる両親を除いて実質的な安里家の稼ぎ頭。しかもその収入のほとんどを家に入れているっていう・・・もうこの時点で個人的に高感度くっそ高いですね。さらに家事もこなせ、見た目ビッチなのですが家庭的で真面目。いわゆる処女ビッチなるもので、僕はこういう子が大好きなんですよね。余談になるんですけど、デレマスの美嘉お姉ちゃんとか、そういう子に弱い。お兄ちゃんに対しては、異性としての恋心も密かに持っており、作中では、他の妹に優しくするお兄ちゃんに嫉妬する、といったシーンが見受けられます。あ^~~~いいっすね^~
体験版では、混浴からの手コキシーンが1シーン収録されています。

三女の沙羅はこれまた個性的なキャラで。昔は病弱で医者からも長くは生きられないかもしれない、といわれていたが、今では無事に回復し・・・。病弱だったことによる反動からか、性格は歪んでいるもよう。長女の仁葉や次女の杏莉に甘える、というわけではなく、比較的に末子の咲を好いている、というか可愛がっています。後、この子、S気が強いですね。お兄ちゃんを弄んで虐めたい、掌握したいって想いがビンビン伝わってくるというか。僕は好きですね。今回の騒動を一番楽しんでおり、面白がっています。純粋な咲を騒動に巻き込み、お兄ちゃんに差し向けたのも、この子のせいなわけで。旗から見ればお兄ちゃんをからかって楽しんでいるだけにしか見えないのですが、その心の底ではお兄ちゃんに好意を持っているといった描写もとらほらとみられますね。咲に次いで素直になれない乙女って感じかな。体験版では、寝起きのお兄ちゃんにフェラするシーンが1シーン収録されています。

最後に末子の咲。一番扱いが難しい年頃の女の子。妹ともなれば尚更ね。今回の騒動の発端はこの子。ぶっちゃけるとこの子がお兄ちゃん不潔!最低!ってところからあれやこれやと始まる。お兄ちゃんを非難した後に沙羅や姉たちに説得され、お兄ちゃんに謝ろうとするが、素直に謝れず。本心からはお兄ちゃんに嫌悪はしておらず、あくまでも反抗期であるためにものです。ブラジャーの着用を認めず、いつまでも子供扱いをしてくるお兄ちゃんには、お姉ちゃんたちのように大人の女性として見てもらいたくてたまらないのですね。
反抗期といっても、お姉ちゃんたちには子供扱いされ可愛がられても、抵抗はするものの、さほど嫌そうではないようです。
悲しいことに他の姉たちの個性が強いせいか、この子が一番影が薄い
体験版では、足コキが1シーン収録されています。

前作もよかったのでね、この価格なら買います、買います。杏莉ちゃんめちゃ可愛いねんな。全国のお兄ちゃんも、絶対買っていこうな???それはともかく、主題歌の「Gift of Magi」、聴けば聴くほどハマりますねぇ・・・デスボがいい味出してるんですよ、これが。早くfull聴きたいです。


尚、発売日は2015年12月25日となっております。クリスマスプレゼントにエロゲを。そういうのもたまにはいいんじゃないでしょうか?それでは、ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。

【追記】脳内彼女のディレクター、西田一さんによれば、今作も前作同様、ハーレムルート有との情報です。また、男の娘やNTRもないようなので、純粋な妹物のエロゲと捉えてよいかと。俺、実は処女独占厨なんだけどNTRがあるか心配で夜も眠れない・・・、俺はハーレムを味わいたいんだ!、そんな方も安心してよいかと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。