オフ会してきたゾ

 プラハ2が延期したということは、僕が聖良とイチャラブすることが延期したと同義。どうも、くたばりかけのさなきちです(梟の兄貴すいません・・・)。
一週間ほど前になりますかね、コミケ0日目と称される電気外祭りの日にツイッタ―で仲良くさせていただいてるフォロワーさんと秋葉原でオフ会してきました。HNを住之江さんという方なんですが、実は僕のリア友の友達ということもあり、いつか会ってみたいなと思い続けていたので、こうして会うことができ非常に嬉しかったです。
エロゲデビュー作をユーフォリアで飾ったという事前情報を耳にしていた僕の中では、住之江君はきっと凌辱ゲー愛好者なんだと勝手に思い込んでいたのですが、実際に会ってみると、僕と同じ萌えゲーマーであることがわかり、内心ほっとしたのを今でも思い返せます。

この日は5時起きでした。僕はYAMA育ちなので都会とは電車で数時間も離れた所に住んでいるので、秋葉原に行くのも一苦労なんです。電車では一人、夏ということもあり、僕の好きな歌手、佐倉紗織のkiss my lipsを聴きながら過去を追想するという我ながら気持ち悪いキザっぷりを披露してしまいました。電車に揺られながら数時間、無事秋葉原についたのですが、住之江君がお昼頃着くという連絡に対し、8時半に着くという早とちりをしてしまい、マックで優雅に朝マックをキメてやるぜと思い入店するも、さすがオタクの聖地秋葉原、洗練されたキモオタの方々が多くいたため、僕のような一般人は肩身が非常に狭かったですね。ところで余談なのですが、なんでキモオタはマックでTCGをすることが大好きなんですかね?やはり決闘者の血が騒ぐのでしょうか?これもうわっかんねえな?(なお、店員に注意されていた模様)

秋葉原のショップは基本的に10時開店するところが多く、10時まで待機した後、住之江君が到着するまでの間、エロ漫画を見に行こうと思いとらのあなに向かいました。エロゲもよいのですが、僕はたまに紙媒体の物で致したくなるため、せっかくだし品が揃ってる秋葉原で買おうと思い至ったのです。30分ほど吟味した後、らんち先生のコイナカ-恋膣-を購入。この時の僕の顔は間違いなく朝マックで見かけた彼らの"それ"でした。
その後秋葉原祖父に移動。フレラバ9480円にブチ切れながらも、住之江君にどんなクソゲーを布教しようか、いや、どんな名作を布教しようか、と品定めをしていると連絡が。秋葉原UDXで待っているとの連絡を受けたのですぐに向かいました。

無事に住之江君と合流。やはり、友人の友人ということもあり、最初から共通の話題があるためか、自然体で話しかけることができました。僕らは二人ともオタクえっちゲーマー、ならば行くところは一つ!と言わんばかりに再び秋葉原祖父に。
まずはぐるーっと見ながら、彼の目にある作品が。そう、先にお話ししたようにユーフォリアです。なぜか彼の目が悲しみの色に満ちていたように見えたのは、きっと気のせいでしょう。いや、そうに違いない。
そして話題はKOTYE2014の話題へ。永遠のアセリア,最果てのイマといった名作を生み出した老舗が作った作品とは思えないような傑作(大嘘)新世黙○録-Death March-を筆頭に絵フォルダ無という名を世に知らしめた問題作、銃○士Cutie☆Bulletなどクソゲーの話題は尽きず。しかし、ここで恐ろしいことが起きたのです。住之江君が銃○士に興味を示したのです。僕は戦慄しました。まずい、このままでは彼は間違いなく"""""掴まされる"""""・・・・・・そこで、僕はせめてもの代替案として恋騎士Purely☆Kissを勧めました。あれはまだ良心的な面白さでしょ?なぁ?!!!!!!住之江君はシナリオより萌えを好むという傾向があることを聞きだすことができたため、どうせなら地雷を踏んで四肢が吹き飛ぶよりもキャラ萌えで四肢が吹き飛んでほしいという良心が銃騎士を勧めるという悪意を勝ったのです。ですが、ここでは二人とも何も購入はせず、お腹がすいたということで昼食をとりに行きました。とりあえず僕のおおススメでよいとのことだったので、秋葉原UDX内にあるとんかつ屋「和幸」というお店へ。また余談ですがここほんと好きなんですよ。安いのに味は非常に良く、ご飯、お味噌汁、サラダがお分かり自由っていうからな、涙でますよ・・・・皆さんも機会があれば是非お立ち寄りくださいな。
と、話が逸れてしまいましたが、ここでは二人とも大学生ということもあり、プライベートのお話を少々、大学はどう?から始まり、僕が処女独占という難病を抱えていることを暴露(ツイッター見れば一目瞭然なんだよなぁ・・・)。初めてあった人にここまで話すことができたのは彼の人柄の良さです。感謝しかないです。

その後はメロンブックスへと移動。ここでエロゲを買おう!と思い入店。二人であ、銃○士だ。などと会話してるとエロアニメ鬼父の紹介PVが(ってか、あれ今新作でるんやな・・・)。それはそうと、あいりから双○杏の声が聞こえてくるのは何でですかねぇ?フシギダナー(白目)
僕が続編と新作の制作が決定したあざらしそふとのアマカノという作品と暁WORKSのるいは智を呼ぶとでどちらを買うか数十分悩んでいると、住之江君は本当に恋騎士を手にとり、購入することに決めたのです(結局僕はアマカノに)。ですが・・・この時、まさかあのような悲劇が起こるとは夢にも思いませんでした。一応僕は他にもシナリオゲーですがコミュや萌え作品ではマジチャなどの作品もお勧めしましたが、彼は恋騎士に決めたよう・・・でした。・・・ここで僕は異変に気づきました。そうです、悲劇が起きたのです。さすがの僕も素で慌てました。なんと、WHIT○SOFTのさくらシンクロ○シティを手に取っているではありませんか。止めました。そう、全力で。おかしいなとは思っていたんですよ。銃○士に興味を示したあの時から・・・
どうやらピンク髪のあの子(名前覚えてねえ・・・)が彼の好きなガールフレンド(仮)にヒロインに似ているという理由で興味を示したそうです。でも・・・危険だ、危険すぎる・・・これ以上元○にパブ代の資金源を与えてはいけない!と思い、僕も体験版がいかにクソであったか、エロスケの平均点、レビューを見せたりなど必死で止めたんですよ!!!!!!!でも彼は動じませんでした。レジへと向かっていったのです。その背中には漢を感じ、尊敬すらしてしまいそうになりましたよ。
その後一通り見回ったので、ガンプラを見にラジカンに行き、二人でガンダムの話で盛り上がったり、また最後にエロゲを見たりでなんだりで。いや~、楽しかった・・・・・・
楽しい時間というものは早く終わりが来てしまうもので。最後は秋葉原駅の改札まで住之江君を見届けて、再び会う約束を、冬コミで会おう、と漢の約束しここでいったんお別れをしました。
・・・以上が住之江君とのオフ会の全容です。ここまで見ていただいた方、ありがとうございました。そして住之江君、本当に楽しかったです!!!!!!!初対面であそこまで仲良くなれてめっちゃ嬉しかったわ・・・・。次も二人でエロゲ見たりいろんなことしようね!!!!本当にありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。